研究や就活に悩みながら、様々なことに思い巡らせる大学院生のブログ

大学院生ってどういう立場?

どうも!

 

最近、寒くなってきましたね。

大学生・院生の皆さんはそろそろ後期が始まっているのではないでしょうか。

まぁ、院生は関係ないか(笑)

寒いといえば、

朝の、夜通し温めてきた布団でぬくぬくするのっていいですよね?

何なら、出たくない。

そして二度寝する。

はい、遅刻の原因です。

寒いと遅刻増えるでしょうね。

 

はい、では今日のお題は『大学院生であることの意味』です。

 

僕は大学院生をしています。

なぜ大学院生をしているのかというと、初回でも話したと思いますが、

『理系で就職が有利だから』『周りが進学したから』『気づいたら就職に出遅れたから』です。

あら単純。そう思うでしょ?

その時は結構考えたつもりだったんですが、今となっては『とりあえず大学院に行くか』って考えたんだろうなって思っています。

 

しかし、先日、某メーカーに2週間ほどインターンに行かせていただき、

夜の飲み会の場でとある女性社員の方に

 

『君はなんで大学院に進学しようと思ったの?』

 

と聞かれました。

そのとき唐突すぎて、何も考えてなかったから、『何ででしょうね(笑)』って答えたら、説教されました。(笑)

何事にも今の立場と今後の目的が必要。

そうじゃないと成長はない。

って。

 

『就職に有利だから』とか、『就職について考える時間がもう少し欲しかったから』っては思っているんですが、

確かに、考えると色々と疑問が出てくる。と同時に不安にもなる。

 

”今、自分は何で大学院生という立場にいるのか”

”今の立場の自分には何ができるのか”

”何が求められるのか”

 

世の中には中卒、高卒、高専卒、専門卒、大学卒、大学院卒など様々な方が社会で活躍されています。

 

大学院の自分の立場は社会で何が求められるのか。

 

この疑問は就活に入る前に解決したい問題の一つだ。

 

これからじっくり考えていきたい。

 

へーしょ