研究や就活に悩みながら、様々なことに思い巡らせる大学院生のブログ

そういえば松岡修造は、「過去」でもなく「未来」でもなく、「今」を生きろと言っていたな。

 

どうも。

 

このめちゃ天気のいい日に、日中は家に籠って明日のゼミに向けて報告の準備をしていました。

今日の仙台にはフィギュアスケートの羽生君が凱旋したということで、町は大騒ぎ、TVは民放全チャンネルで同時生中継で、ここ最近の仙台にはない、久しい活気があったようで。

 

夕方、本町近くの古着屋さんまで気晴らしにサイクリングしてきたのですが、

店員さん曰く、店からすると羽生君効果はマイナスだったようで。笑

ただ僕はいい買い物ができました。

羽生君ではなくて古着屋が気になる方はぜひ”Utha"まで。

まぁ主観ですが、The”古着屋”的な感じで、店員さんもフランク。

すぐに顔覚えてもらえます。笑 

 

さて今日なのですが、

遠距離恋愛」ってどう思いますか?

 

別に僕自身が遠距離で付き合っている方がいるわけではないですが。笑

多分、したくて遠距離で恋愛をしている人なんていないとは思いますが、

中には距離なんて関係ないっていう人がいて、うまくやっていける人もたくさんいるかと思いますが、

その秘訣ってなんなんですかね。

 

僕自身、大学生始めの頃まで地元の女の子と付き合っていましたが、

純粋に僕も相手も遠距離は向いてなかったです。笑

 

基本的に素直な性格ではないので、思ってもいないことをよく言ってしまうし、

(それは近くにいても変わらないか)

会わないと気持ちが薄れていく、相手もそうなんじゃないかと思ってしまうので。

 

まぁ、遠距離でたった一ついいなって思うことは、

久しぶりに会うときにの気持ちの高揚ですかね笑

幼い頃のクリスマスの夜とか、ディズニーランドに行く前日の夜とか、

そんな感じの気持ちになります。笑

 

それはそれで、離れていないと経験できない経験じゃないかと思う。

 

最近、将来のことを考える反面、昔のことを思い出すことが多くて、

あんなことあったな、とか懐かしいことに耽っています。笑

 

そんな時に、遠距離なんてしてたなって、ふと思ったのでこんな記事書いています。笑

 

今も大事ですし、将来のことも大事かもしれないですが、

たまには、ちょっと立ち止まって過去を振り返ってみるのもいいかもしれないです。

 

 

懐かしい気持ちになって、頑張ろうと思えるようになるか、

後悔の念でいっぱいになるかは人によるところだろうかと思いますが、

それもまた一興。

 

へーしょ