研究や就活に悩みながら、様々なことに思い巡らせる大学院生のブログ

人事の人と話が合うかで企業の印象も変わると思うんです。(就活)

どうも。

 

大学生・大学院生の皆さん、就職活動の状況はいかがでしょうか。

そろそろ本格的に冬模様になってまいりまして、

就活生の皆さんにとってはそろそろ本腰を入れていこうと考えている方も少なくはないかと思います。

 

へーしょは今日、仙台の国際センターという場所で行われた「業界研究セミナー」というイベントに参加してきました。

今回のイベントでは40社近い、様々な業界の企業が東北大生のために業界・会社について貴重なお話をしに来ていただいて、

今回のへーしょの”目標”は

 

1.何をしているか詳しくわからない企業

2.名前も聞いたことのない企業

3.業界が被らない

 

この3つを念頭に置いて参加させていもらいました。

今回は7割くらいが、就活・企業研究等で知識の浅い自分ですら知っているような企業でしたが、

実際に何をしているのか知らない企業であったり、名前は知っているがこれまでの自分では自分自身での企業研究において知ろうとしなかった企業というのが多く、

そう行った企業を中心に5社からお話を伺いました。

 

話は逸れるのですが、前日に後輩の研究の手伝いで夜中の1時まで実験をし、

その後、夜中の1時から焼肉に連れてかれ、

家に帰ると3時という状況でして、

正直、疲れて気持ち的には本イベントに行きたいという気分では全くありませんでしたが、

結果から言いますと実りのあったイベントであったと実感しています。(笑)

行ってよかった。(笑)

 

就活でのこういうイベント一つにしても、「一期一会」という言葉がよく当てはまるな、とつくづく思いました。

このイベントに参加しないで、今後就活をしていく中では絶対に出会わない企業・視野には入らない企業・業界の話を聞くことができたことが一番よかったなと感じています。

 

なんかイキって”就活している感”を出していますが、実際一般的な大学院生・学部3年生と比較しても全然していない方だと思います。(笑)

 

まぁ、”自称”忙しい(笑)大学院生の自分でも、

こういうイベントに早めに時間を割いて参加をすることで、

意外と良い出会いがあるかもしれませんよ。(笑)

 

へーしょ的には、そういう実は惹かれている企業というのは、

話を聞いていて素直に、何も考えずに聞きたいことが自然と出てくる感じがある企業というのがそうなんじゃないかと感じました。

 

5社行ってそのうちインフラやIT系を含んだある3社に関しては、

”話を聞いていてもあんまりピンとこない、でもせっかくだし聞いてて分かんなかったことでも聞いてみるか。”

ぐらいのノリでした。(笑)

 

しかし、残りの2社。

こちらは教育業界とものづくり業界何ですが、

話を聞いていて、「へ〜、でもこういう業界って自分が知っているようなイメージじゃないな。こういうモチベーションで働いてるんだ。自分のモチベーションと似てるかもしれないな。じゃぁ実際の社員さんはどう思いながら働いてるんだろう」とか、

そういう自然の興味・疑問が浮かんでくる感じがして、

”企業に惹かれる”ってこんな感じなんだ!って思いました。(笑)

 

研究職とか技術職にしか目がいっていなかった自分には、ゾクってするくらい面白い仕事だなっていう企業(ちょっと大げさに言って)が惹かれるってことなんだ〜って、

もっと詳しく知りたいな〜って思いました。

 

まぁ、こういうイベントって話してみて人事の人と話が合うなって思うのも結構大事なんですが。(笑)

この人事、上辺だけだなとか、この人とは自分の考えてることと合わないなって思うこともあってそういう点の評価も入っているのかも。(笑)

 

まぁ、この時期からこういうイベントに行くのは正直めんどくさいし、就活と向き合いたくないっていう気持ちもあると思いますが。

実際僕も就活から目を背けたい。

 

まぁ、少しずつでも真剣に向き合えたらなって思います。

学生の皆さん。一緒に頑張りましょう(笑)

 

では今回はここまで。

 

へーしょ