研究や就活に悩みながら、様々なことに思い巡らせる大学院生のブログ

魅惑の芋きんつば!?

お題「今日のおやつ」

どうも!
今は、日本海を眺めながら新幹線に揺られています。
仙台に向かっています。
一昨日、昨日の夜に人生最高に良いことがあって浮かれています(笑)
この良いことは後々、書けたらなって思います!

では今日のお題『魅惑の芋きんつば』です。

きんつば、皆さんご存知ですよね?
あの和菓子のきんつばです。
粒あんをベースにした、周りが焼き固められている!?
甘い日本の昔ながらのお菓子ですよね。

きんつばとは、粒あんではなくさつまいもを使ったきんつばです。

そう、出会いは一昨日(10/9)。
実家で母親の友人からのおすそ分けで『芋きんつば』を頂いたのがきっかけでした。
どうも福井県大野市にある和菓子屋さん、”伊藤順和堂”で作られているそうです。

初め母親に『食べるか?』と言われた時は、正直乗り気ではありませんでした。
僕はきんつばが嫌いだったんです。(笑)
きんつばの、あの”餡子の味”とパサパサした感じがマッチしなくて、
あと、周りが焼き固められているので少々硬く、
あの感じが好きじゃありませんでした。(笑)

正直、さつまいももあんまり好んで食べたいとは思っていなかったので余計に・・・

とはいえ結構珍しく、あんまり世に出回っていないようなお菓子だそうで、
せっかくだからと煎茶と一緒に頂きましたよ。

まぁこれが衝撃的な出会いでありまして、
一口囓った途端に口の中にさつまいもの風味がパーっと広がって、
程よい甘さと、程よいバターのような風味。

そう、まるで”スイートポテト”を食べているかのようでした。

周りはしっかり焼き固められており、中はしっとりホロホロ・・・
スイートポテトよりも”芋感”が強く、芋の甘さとバターのような風味がミックスされて・・・

最高のお菓子に出会ってしまいました。
多分、あれを和菓子と言って良いのであれば、過去最高の和菓子!(多分言い過ぎ)

ただそれ程までに虜になりました。

多分全国的にはあまり馴染みのない”芋きんつば”。

ネット情報でも”芋きんつば”と検索すると福井県大野市と出てくるので、
おそらくその福井県大野市の伊藤順和堂でしか作っていないのか、
はたまた、そこの芋きんつばが美味しすぎるのか・・・

ぜひ食べてみてはいかがでしょうか?

しつこいですが、美味しすぎてへーしょのほっぺが落ちました。(嘘)

ぜひ福井県にお立ち寄りの際は、少し遠いですが大野市の伊藤順和堂の”芋きんつば”を尋ねてみてはいかがでしょうか。

では今回はここまで。

 

へーしょ