研究や就活に悩みながら、様々なことに思い巡らせる大学院生のブログ

猫好きに捧げる漫画本 ”ねことじいちゃん”

お題「マンガ」

どうも!

 ひょんなことで地元に帰ることになって3日目。

明日で仙台に帰るわけですが、

毎日毎日、気ままな実家猫を見ていると、

猫みたいに自由な生活できたらなって思います。

 

では、今日のお題『猫好きに捧げる漫画本』です。

 

ついさっき、母親が猫好きで読んでいる漫画を読みました。

”ねことじいちゃん”

 

ねことじいちゃん (メディアファクトリーのコミックエッセイ) [ ねこまき ]

価格:1,080円
(2017/10/10 14:12時点)
感想(11件)

  

ねことじいちゃん(2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ) [ ねこまき ]

価格:1,188円
(2017/10/10 14:13時点)
感想(7件)

 

ねことじいちゃん3 [ ねこまき(ミューズワーク) ]

価格:1,188円
(2017/10/10 14:14時点)
感想(5件)

 

舞台は”ねこ”と”おじいちゃん”と”おばあちゃん”が暮らす港町。

 

主人公のおじいちゃんとその家族のタマさん(猫)。

奥さんに先立たれたおじいちゃんと猫の生活を優しいタッチの絵で描いている優しい気持ちになれる漫画本です。

 

おじいちゃんの気ままな散歩についてくる気ままなタマさん。

おじいちゃんとタマさんのコミュニケーション。

おじいちゃんを取り巻く人々と猫との暮らし。

 

猫好きならわかる、猫の仕草、表情や行動をありのまま描いており、

猫の気持ちの吹き出しとともに描かれているため、

本当に猫ってこんな風に考えてるのかも(笑)

と思ってしまいます。

 

猫のツンデレな仕草や、実は寂しがり屋な性格、野良猫たち同士の会話。

のんびりとした町並みに住むのんびりした人々、のんびりとした猫とそこで起こる小さな事件。

読んでいて心がほっこりする可愛らしい漫画です。

 

ぜひ猫好きの人もそうでない人も読んで見てはいかがでしょうか。

本当に可愛らしい絵なので、子供に読んであげるのも良いと思います!

 

では短いですが、今回はここまで。

 

へーしょ