研究や就活に悩みながら、様々なことに思い巡らせる大学院生のブログ

初めまして、暇を持て余している(わけではない)大学院生です

どうも初めまして。

僕は大学院生のへーしょです。

 

大学生の愚痴とか、就活のこととか、日常のこととか、趣味のこととか、世間一般のニュースについてとか、・・・とか、〜とか僕が考えていること全てここに自分が書きたいと思ったことを書きたいように書き残していこうと思います。

何でかって!?

それは今の自分が考えていること、思ったことすぐ忘れちゃうから。

あと、時間があるから。

 

基本的に一日一つ記事書けたらなーって思っています。

 

 

じゃぁ記念すべき最初の話題。

 

『大学院生よ、研究にもっと脳をビンビンさせようぜ?』

 

大学院生活が始まって早半年。

夏休みなんて概念は存在しない。

研究、インターンシップ、学会、研究、研究・・・

研究研究研究、毎日研究。

特に一日研究しかしていない・・・学部の時って何してたっけな〜って思い出せないくらい(嘘)

研究に身を捧げいてる、、、訳ではない(なんやねん)

 

ほどほどに研究しながら、やりたいことやりながら満喫してる(笑)

 

最近、休みになって実家に帰ると、母親に言われた。

『○○(へーしょ)、あんたいつの間にか小難しい話するようになったね、研究楽しいんかい?

あんだけ大学辞めたい辞めたいって言ってたのに(笑)』って。

 

そう、僕は2年前まで大学なんて、理系なんて、工学部なんて、楽しくない!!って思ってたような、そんな感じの大学生だった。

 

僕の大学生時代の周りに迷惑かけまくったとんでもエピソードはまた後日(笑)

 

本当にそんな大学生だった僕は四年生になった一年半前から研究生活が始まった。

 

トゥルルルルル・・・ じんせい の  きろ があらわれた。(ポケ○ン風)

へーしょはどうする?

 

   ▷だいがくいん

    しゅうしょく

      ーー

    にげる

 

へーしょの しゅうしょく。

じんせい の きろ にはこうかいまひとつのようだ。

 

つまりパッとしなかった(笑)

というか、理系であることに甘んじて、周りに流されて、何も考えていなかった。

(あの理系の、息をするように大学院に進学する風習どうにかならないかな)

そんなことを言ってるけど、結局自分も何も考えてなかった(笑)

そんなこんなで何となーく、大学院進学を決めて。

他に選択肢はなかったのか・・・

 

でも実際に研究を始めて見ると、

なんかオモシレーーーーーーーー!!

ってなった。

何が面白かったって!?

それはまぁ、自分がやってることが、誰も知らないことで、なんか最先端って感じだったから(笑)

まぁ研究って普通そんなもんだけどね(笑)

 

そんなことすらも知らなかったから、研究するってことが新鮮で、研究することで脳に何かがビンビンきて、

今も研究を続けています。(笑)

 

要するに、僕は大学院では研究三昧だけど、苦にはならないってこと。

研究やだー、とか、研究面白くないとか某SNSで呟かれているのをよく目にするけれど、人それぞれだし断言はできないけど、研究に対するイヤイヤが伝わってくる人が多いように思える。

世の中の大学院生よ、研究にもっと気楽に向き合ってみたら脳にビンビンくるかもよ(笑)

 

あと、真面目な話だけど、研究を通して、将来の自分のスキルアップに繋がること多いと思うよ。

例えば、プレゼン力とか、論理的思考力つくとか、創造力つくとか。

 

 

 

 

何も考えずに思ってることただ書いてるだけで、ブログってこんなグダグダになるのか(笑)

ではここまで。

 

 

へーしょ